お客様とニチダイを信頼という懸け橋で結ぶ
「当たり前のことを、当たり前に」その先にあるもの

石井 隆史Takashi Ishii

ネットシェイプ事業 熊谷営業所 2017年入社

INTERVIEW 01

フットワークの軽さと製造・技術の力。
強みを活かす「窓口」となって信頼を重ねていく。

お客様に一番近い最前線の位置に立つのが、営業です。お客様への提案や見積書の提出、納期の管理はもちろん、完成した金型の納品まで、お客様が求める金型を一品一様でつくるための、あらゆる「窓口」となる存在です。ニチダイの営業の強みは、フットワークの軽さだと感じています。私自身、定期的にお客様を訪問し、情報収集やリアクションをスピーディーに行っていくことを心がけています。「品質だけでなく、対応もいいから安心だよ」と、嬉しいお言葉をいただくこともあるんです。
お客様へは、金型をご提案するだけではなく、社内の技術部門、製造部門と連携して「ものづくりのプロセス」にまで踏み込んだご提案を行っています。踏み込んだ提案をできる技術力を持っていることこそがニチダイの強みです。
今後は、ニチダイのオンリーワンの技術をもっとアピールし、日本に留まらず世界にも展開していけるような営業になっていきたいですね。

INTERVIEW 02

すべては自分次第。
未来につながる仕事を

お客様は技術者の方が多いですし、技術的な対応が求められるシーンは数多くあります。より良い提案を行い、スムーズに仕事をしていくためには、もっと技術的な知識を高めていく必要性があると感じています。まだ経験が浅いので、わからないことは営業所の上司や先輩に教わっていますし、逆にこれからどれだけ知識や技術を向上していけるか、ワクワクしています。仕事をする上では、何か凄いことをやろうと構えるのではなく、まずは「当たり前のことを、当たり前に」ということを、心がけています。その先にこそ、新たな可能性が生まれると思っているからです。
実は今、社内でも今までに取り組んだことがない製品の立ち上げに携わっているんです。私にとって初めてのビッグプロジェクトですし、ニチダイのこれからにとっても、大きな成功事例となるものだと思っています。これからも、「当たり前のことを、当たり前に」取り組み、未来につながる仕事を積み重ねていきたいと思っています。

SCHEDULE一日の流れ

(出社)9:00
朝礼/メールチェック

出社後メールチェックを行い、1日のスケジュールを確認。

9:30~11:00
資料作成

社内のエンジニアと打ち合わせを行った上で提案資料を作成。

11:00~
移動

お客様を訪問する前に昼食を取りますが、おいしい店を探索するのも密かな楽しみです。

(昼食)13:00~15:30
お客様訪問

新規提案や金型の納品など、商談の内容はさまざまです。定期的に訪れていると、訪問する日を覚えてもらって、それに合わせて相談をしていただけることも増えました。

16:30~17:45
帰社後、業務処理

その日の報告資料等の作成と、翌日の準備を終えて退社。

REASONニチダイを選んだ理由

転職前は自動車部品の営業をしていたのですが、同じ業界で培ってきたものを活かし、新たなチャレンジができればと思い入社しました。実はニチダイとの最初の出会いは学生時代なんです。学生時代は硬式野球をしていてニチダイと練習試合をしたことがありました。その後、同級生が入社し、会社の雰囲気もとても良いと聞いていて、親しみを感じていたことも転職の決め手になりました。現役時代はキャッチャーで、広い視野とコミュニケーション力が求められるポジションでした。その経験があるから営業窓口となる役割をしっかり果たせているとも思っています。お客様とも時々、一緒に野球を楽しんでいますし、大好きな野球がつないでくれた、嬉しい出会いですね。

NEXT STAGE チャレンジしたいこと、ユメ

自動車業界はいま、大きな転換期を迎えようとしています。そんな中、自分自身の取り組みとしても、現状維持ではなく、新しい取り組みができないかなといつも考えています。今携わっている新規案件もその一つです。自分が担当したからには、立ち上げまでやりきりたいと思っています。そして、社内で成功事例を共有し、横展開していくつなぎ役にもなっていけたらと思っています。「私だからこれができた!」というものを、示せるようにがんばっていきます。

RECRUIT株式会社ニチダイ
2019新卒採用エントリーはこちら